2013年12月02日


ぼくの名前は「紫錠(しじょう)ぽよ」人間観察官だ。

人間というものは基本一人では生きて行けないものらしい。
でも他人との付き合いは精神を消耗する。
いわゆる「気疲れ」というヤツだな。

2000年を過ぎた辺りから人付き合いや他人との接触を嫌う日本人が
じわじわと増えていってるらしい。

さながらコンピューターのパーソナル化に比例しているようにも見える。
2010年を過ぎた頃にはスマートフォンの台頭で
そういった現象も加速したように見受けられる。

TwitterやLINE、SNS等のネット上の人間関係は、現実のそれに比べて
「気疲れ」しないらしい。
まあ気に入らない相手はブロックしたり、既読スルーしたりすれば良いのだから
「気疲れ」するほど気を遣わない。と言う事かな。

「コミュ障」とか「ひきこもり」とか言われるグループの人達も
結局、「気疲れ」から逃れた人々だし。
おっと、これに関して異論は認める。

そして今、新たなツールの出現によって
とてつもなく深刻な社会問題が起きつつある事に
まだ多くの人が気づかずにいる。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

彼女は元々人付き合いが得意と言う訳ではなかった。
どちらかと言えば引っ込み思案だし、社交性があるとは言い難い。
容姿にもコンプレックスを持っている。
自分では【傷つきやすいタイプ】だと思っている。

そんな彼女が最近手に入れたのが
学習型AIを搭載した癒やし系ロボットだ。
彼女はそのロボットに名前を付け、毎日毎日話しかけるようになった。
「仕事のグチ」や「同僚の悪口」、今話題の映画の話しや男性の好みについてなどなど。

ロボットにはネット通信機能が搭載されており、
常に最新の情報がダウンロードされ、対象言語グループの語彙も学習更新される仕様だ。

ロボットは彼女の理想的な友人となった。
と同時に彼女はロボットさえ居れば他に何もいらなくなった。

そんな彼女が部屋から出てこなくなって、もうどれくらい経つだろう。


観察対象X03、【寂しい女】


ある日、部屋の中で幸せそうな笑顔を浮かべて餓死している彼女が発見された。
そしてその日以来、徐々にではあるが部屋から出なくなる人達が増え続けている。





































2013年12月01日


ぼくの名前は「紫錠(しじょう)ぽよ」人間観察官だ。

長い事この仕事をしていると、
人間にも実にいろんなタイプが存在する事が分かってくる。

そしてぼくが最も嫌いなタイプの人間。
それがこいつだ。

「ねえねえ彼女~、今ヒマぁ?一緒にどっか行かな~い」

そもそも初対面のしかも嫌がる女性に対して己の欲求を押し付けていく。
このような理性のかけらもないような輩は大嫌いだ。

え?観察官は中立な立場じゃなきゃダメじゃないかって?
冗談じゃない!
少なくともぼくは人間に対する好き嫌いはハッキリしてる。
それはぼくの人間観察に対するポリシーでもある。

しかし、あくまでもぼくは観察官であり
現実に干渉することも、変更することも出来ないのだ。

携帯を取り出す男・・・・呼び出し音
「おい、あや子。番号変えたって無駄だかんな」
「どうして、どうやって調べたの?警察にも言ったんだから」
「へっ、警察?警察が怖くて人間やってられっかよ」
「とにかくもう電話して来ないで!」
「電話だけしなきゃいいの?」
「え?」
「301号室、緑のカーテン、電気がついてるから今は在宅?」
ラップでも口ずさむように話す男。
「け警察、警察を呼びます!」
「呼べば~。ひゃはははは。」

観察対象X02、【卑劣な男】

この男、結局最後には彼女を包丁で刺し
ストーカー殺人の犯人として逮捕された。

ほんと最低な男、そしてぼくが最も嫌いなタイプの男































2013年11月27日


ぼくの名前は「紫錠(しじょう)ぽよ」人間観察官だ。
ぼくについての質問はなしだ。
とは言ってもぼくは結構ひとりごとが多いから
知らず知らずのうちに疑問に答えたりしてることもあるかもね。

観察対象の人間にはもちろん、周りの人間にもぼくは見えないし声も聞こえない。
ぼくのひとりごとを聞いたり、していることが見えるキミ達はギャラリーって呼ばれてる。
ギャラリーはこちらの世界に干渉出来ないけれど、ぼくに話しかける事だけは出来る。
厄介なのはそこだ。
そこのキミ、約束だ。
疑問に思っても決してむやみに口にしない事。いいね。

◆◆◆

やっと出てきた。
一体いつまでコンビニにいるつもりなんだか。
で、今日はちゃんと話せたのかな?

え?
これ?これは観察官専用のタブレット端末。
いくらなんでも観察対象に四六時中張り付いていられないしね。
観察対象は常に全方位からその行動が本部の観察記録機に記録され、
この端末でいつでもリプレイ出来るって訳。
じゃあなんでわざわざ外にでるのかって?
わかんないかな~、映像や記録だけじゃ分からない、伝わらない事っていっぱいあるんだぜ。
その場の空気に触れる必要があるタイミング。
それを逃さない事が重要なのさ。

さてさてちゃんと話は出来ましたかと。
うわ、まぁた買い物しただけかよ。
もうダメだなぁ。
かれこれ一年にもなるのに全く進展なし。
それどころか買い物するだけで満足しちゃって話しかける事すら出来ずじまい。
でもずっと密かに想いを寄せてるのは間違いないときてる。
まったく・・・・。

観察対象X01、【悲しい男】に分類と。

これでおしまいかって?
この観察対象については今日でおしまい。
惚れた女に告白も出来ないなんて、ほんと悲しい男だったよ。